今から挿れるけど、「先っぽだけ」だからセックスじゃないよ。のネタバレ感想

この漫画は、

世間知らずの女子高生

「先っぽだけがどういう意味か教えてやる」

と宣言し襲いかかるお話です♡

 

 

【今から挿れるけど、「先っぽだけ」だからセックスじゃないよ。】
こちらのページには、18歳未満の方には不適切な表現を含んでおります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

 

 

今すぐ無料試し読みするならコチラ
▼ ▼ ▼
「えっこれ…ナカに挿入って…っ 」
▼ ▼
画像をタップ!!

「今から挿れるけど、「先っぽだけ」だからセックスじゃないよ。」の

ネタバレと感想、あらすじ画像・漫画を無料で読める方法を紹介します(^o^)

 

今から挿れるけど、「先っぽだけ」だからセックスじゃないよ。

主な登場人物

◯主人公:桜丘未麻(さくらおかみま)・・・付き合って初日のカレシに先っぽだけ!と襲わるJK

◯お相手:黒戸鳴海(くろとなるみ)・・・未麻の担任で生活指導担当。

今から挿れるけど、「先っぽだけ」だからセックスじゃないよ。のネタバレ

 

放課後の教室で、桜丘未麻

別のクラスメイトである新城司と

学園エッチをしようとしているところだった。

 

 

だが、未麻は心の準備と司への好きという気持ちが分からずに

戸惑っているのだった。

 

それを見た司は、

「先っぽだけならエッチじゃない!」

と断言。

 

思わずドン引きしてしまう未麻。

 

先っぽだけならエッチじゃない!?

 

しかし、強引な司は未麻の制服の上を脱がし、

ブラ越しから胸を触りだす。

 

と、そんなところに

担任かつ生徒指導の黒戸鳴海先生が入り込み、

止めに入るのだった。

 

「そいつのことが好きなら、ホテル代ぐらい出してやれよ」

 

と、挑発的な言葉を吐く鳴海先生。

 

すっかり気持ちが冷めてしまった司は、

そのまま教室を出て行ってしまう。

 

先生と二人っきりになった未麻。

 

先っぽだけならOKなんだ!?

 

何があったのかと聞く鳴海先生の言葉に、

友達は彼氏がいて、

ちゃんとエッチもしているのに

自分はエッチどころか

彼氏もいないことへの焦りと不安を説明するのだった。

 

 

それを聞いた鳴海先生は、

「だからってアイツは無いだろう」

と、飽きれ混じりの返答。

 

鳴海先生は、

未麻は「先っぽだけ」の意味を理解していないのでは、

と思い、それを教えこむために強引に唇を奪った。

 

先っぽだけならS◯Xじゃない!?生活指導が始まった!

 

「まだ1ミリも挿れてないぞ」

 

「はぁ?なに言ってるんですか?」

 

「セックスじゃないんだろ。最後まで挿れなきゃ・・・」

 

戸惑う未麻に黒戸先生は、さらに唇を重ね

ベロチューし、未麻のたわわな胸を弄りだす。

 

「これも勉強だな」

と言ってパンツに手を伸ばす。

 

手マンでイカされ、不意打ち挿入!

 

かき回されて気持ちよくなってきた未麻は

 

「怒りますよ・・」

 

と言いながらも体は敏感に反応し始める。

 

 

先生に手マンでイカされ、

 

さらに、アソコを舐め回されてトロトロになっていく・・・

 

「これまだセックスじゃないから」

 

そう言うと、先生はチ◯ポと取り出し、

アソコにこすり始めた。

 

「先生・・っ!」

 

「先っぽだけならセックスじゃないんだろ?」

 

さらにトロトロになった部分に

先生のものをスリスリして

びじょびじょにしていく・・・

 

「いや・・んっ!」

 

「今動くとはいっちゃうよ?」

 

「グリグリ・・だめぇ・・・」

 

先生は、不意打ちで挿入する。

 

ずっっ・・

 

「えっこれ・・・中に・・・挿って・・・っ?」

 

 

セックスになっちゃったじゃない!

この後どうなる?↓↓↓もっと見るなら画像をタップ↓↓↓

 

今から挿れるけど、「先っぽだけ」だからセックスじゃないよ。の感想

 

ヤリたくて仕方がないカレシの

「先っぽだけならセックスじゃない!」

という言葉に

「本当に先っぽだけかもしれない」

と思う未麻ちゃんはかわいいですね♡

 

結局、先生にトロトロにされたアソコに

不意打ち挿入されちゃって

この後どうなるのでしょうか?

 

男ならパコパコやめないよねー

最後までヤッちゃって

「男の先っぽだけは先っぽだけじゃなかっただろ!?」

という、生活指導をされちゃうのかしら・・・???

 

 ↓↓↓もっと読むなら画像をタップ↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です