朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのかネタバレ感想 「こんな状況で乳首がコリコリに勃ってるよ」

【朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのか】

こちらのページには、18歳未満の方には不適切な表現を含んでおります。
18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。

 

▼今すぐ無料試し読みコチラ▼
▼ ▽ ▼
「この媚薬すぐ効くから、早く挿れないと気が狂うよ?」

朝の満員電車で処女JK  をコピペして検索!

 

朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのかのあらすじ

 

この漫画は、

満員電車で処女女子高生

媚薬を塗り、どこまで調教開発できるか

というお話です♡

 

登場人物

◯主人公:卑劣な痴漢オヤジ

◯お相手:男慣れしていない内気な処女JK

 

朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのかのネタバレ

 

 

毎日、満員電車に揺られ

圧迫、密着、こもる体臭

ストレスフルな地獄絵図な時間に、

 

唯一、楽園があった・・・

 

娘と同じ有名進学校に通う

内気で可憐な女の子だ。

 

 

可愛いおしり

引き締まった

柔らかそうな太もも

滑らかな肌をもつ

みずみずしい若い身体・・・

 

 

お金のない中年男には、

本来手の届かない極上の女体だが、

満員電車のなかでは、

密着し、

じっくり視姦できる。

 

 

もちろん、それ以上のことも・・・

 

満員電車で極上の処女JKに魔の手が・・・

 

満員電車を良いことに、

少女にピッタっ密接する。

 

「?」

 

少女が振り向いた。

 

おおっやっぱりかわいい!

 

「すまないね。後ろから押されて・・・大丈夫?」

 

「あ・・大丈夫です。」

 

「ねぇ、ちょっと下の方みてごらん」

 

男は、鋭く光ったナイフを少女に見せつける。

 

「おっと、はあげないで

 刺すのなんて一瞬だからね」

 

「ただ君の身体を弄りまわして

 気持ちいいコトヤリたいだけなんだよ」

 

 

 

そういうと、

少女の制服越しにをもみ始めた。

 

 

「や、やめてくださ・・・」

 

「おい 声を出すな

 されたいのか?」

 

「こんな状況で乳首がコリコリに勃ってるよ」

 

 

そこへ複数の男がやってきた。

 

「おい、おっさん、」

 

(助けが来てくれた?)

 

満員電車で複数痴漢プレイ!

 

そうではなかった・・・

 

こいつら全員仲間だった。

 

 

「今日はこの子?

 相変わらずセンスいいねー!」

 

 

そういうと、

いつものように

少女を囲い外から見えないようにした。

 

 

ある者は、少女を羽交い締めにし、

ある者は、制服を脱がし、

ある者は、撮影しはじめ、

 

 

ある者は、強力な媚薬を少女にぬりはじめた・・・!

 

 

 

「ああ、これ?

 気持ちよくなる魔法のお薬だよ」

 

 

「理性が吹っ飛ぶくらい感度をあげて

 女の子をイキ狂わせる超強力な媚薬♡」

 

 

 

 

感度が上がる媚薬を下半身と胸

塗り込まれた少女は、

だんだん身体が熱くなってきて、

アソコもソコも敏感に反応し始める・・・

 

 

 

 

「早くなにか挿れないと

 気が狂っちゃうかもねー」

 

続きは、ブッコミなさい。でお馴染みのBookLive!コミックで!
朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのか

※タイトル「朝の満員電車で処女JK」をコピペして検索してください。

朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのかの感想

 

満員電車ものはけっこう好きです。

どんな痴漢プレイかと思ったら、

「媚薬」&「複数」&「刃物」

 

ゲスの集団に襲われる可憐な少女興奮しました。

 

強力な媚薬に少女のエロ度は最高でしたね♡

 

つづきは⇒朝の満員電車で処女JKをどこまで開発できるのかコチラ

 

↓↓↓「朝の満員電車で処女JK」をコピペして検索↓↓↓